作者別: sheliveshp

ギブ&テイク

先日、仕事で祇園祭の各山鉾を歩いて回っていたら、外国人のおっちゃんに月鉾(四条新町にある山鉾)の場所を尋ねられ、口頭で説明したら四条通がどこかもわからない様子だったので直接連れていった所お礼にジュースを買ってもらいポストカードをもらった。ポストカードはセネガルの物で、おっちゃんは6年ほど暮らしていたらしい(多分欧米人)。

 

その日の京都は(今現在もだが)猛暑日で、汗だくになりながらの仕事中での出来事だったので、実は結構案内するのが億劫だったのだが、暑い中のジュースとポストカードがわりとうれしかったので、終わったころには悪い気はしなかった。これがギブ&テイクというやつなのだろう。ポストカードは職場のロッカーに飾ることにした。

 

植竹

新曲プリプロ

6月末から、どうにも体調が悪かった。喉の痛みから始まり、倦怠感、咳、微熱、腹痛、鼻水、食欲不振となかなかの数の諸症状に悩まされた。

 

歳をとると、ただの風邪やと切り捨てられなくなるもので、細かい症状からいろんな可能性のある病気を調べては戦々恐々としていた(病院は死ぬほど嫌いなので、基本ネットで症状を検索するのだ)。ところが治ってしまえばあっけないもので、今は余裕の精神状態なのだが、やはり健康が一番という言葉が身に染みる。まあまあ辛い時期を過ごした。

 

今でも鼻声はまだ治っていないのだが、そんな中今日は僕の新曲のプリプロ作業をしていた。一応ボーカルのニュアンスを改めて伝えるために自分で歌ってみたのだが、客観的に聞いてみるとやはり鼻声である。元々鼻が詰まった感のある歌声なのに、それに拍車がかかってしまった。まあそれはいいのだが、こうしてshelivesの新曲のプリプロが完成した(うちは基本的に作曲者が最終的なプリプロの監修を行うのだ)。

 

この鼻声ボーカルのプリプロを後になって聞く度に風邪をひいていた当時の事を思い出すのだろうか。まあプリプロだからほとんど聞くことはないのだろうけど。

 

ともかく音源にせよライブにせよ音楽というのはその時の自分に纏わる色々を込めて作るもので、その時の体の感覚とか感情とかが自然とありありと思いだされるくらいに自分の全てを表現するのが芸術という行為の本質なのではないかと思ったり思わなかったりした休日だった。

 

植竹

そして三日坊主的な流れ

食い止めるためにまた私が

これも懐かし過ぎますよね

アプカを撮った時に撮影もしたんです、この頃のQちゃんはかわいかったんですよ、今はクール系。

 

撮影旅行とかしたいですね、遠いところまで。

今じゃ少しメジャーになってしまいましたが、シャウエンとか良いですね、絵になりそう。

 

個人的にも行ってみたい街です、あの青。

 

万が一割とshelivesがウケたりして、撮影とかお金かけられるようになったとして、

海外だとしても現地集合現地解散でいつも通りさらっとひとりずついなくなるメンバーが想像できますね。

 

別に仲悪いとかじゃないっすよ、いうて5年位一緒にやってますし。

デフォルトが良い具合という話でした。

ウエタケさんが書き始めましたね

この調子で他のメンバーも書き始めると良いな

 

これいつでしょうね、グレッチ使ってるし3年くらい前かなあ

心なしかみんな少しだけ若い気がする

 

継続は力なりを信じてさらさら続けておりますが、歴史が深まると時折振り返る切ない心地よさがありますね

 

さておきMVを作成中

一曲は完成、一曲はこれ無理じゃね?ってなって保留、もう一曲は気合い入れて名曲感を出そうと努めております

耳からだけじゃなくて目からの情報が加わる訳ですから、リズムや空気感でよりキャッチーに聴かせることも当然できるしその逆も然り

 

折角なら目に留まる映像にしたいもんです まあ自分との戦いっす材料揃えた後は。

 

でも自分が出てる材料を編集って結構難しいんすよね、意外と世の中そういう経験ある人少ないんじゃなかろうか。

基本的に俳優さんは俳優さん、監督さんやカメラマンさんや編集さんはそれぞれ別々だと思うので。

しかも自分はギターボーカルな訳で、目を引くように作らなければいけない訳です。

メンバーに目立ちたがり屋がいればまた別かもしれないけれど、shelivesはみんなむしろ目立ちたくない人間の集まり。

私もそうなので、目立ちたくないけど自分を目立たせるというか語弊を恐れず申し上げるのであれば恰好良く見えるように必死こいて編集せねばならんという。

 

まあ割とつらいとこですけど、それ以上に何かしら楽しいからバンドやってるんでしょうね、深く考えても考えなくても結局ずっと続けてるのが答えだと思います

 

この年齢で惰性も何もあったもんじゃないっすよ実際

 

MVの話も結局転がる石のようにきっかけに過ぎず流れるように取り留めのない話になる終わるのでした

入浴剤

最近うちのマイブームは入浴剤だ。たまたま一袋だけ家にあったのを入れて以来最近は箱買いして毎日使用している。

かき氷はシロップの色が違うだけで味はほぼ同じという話があるが、なるほどお湯の色と匂いが違うと風呂の雰囲気はかなり変わる。これはストレス解消効果がありそうだ。

 

ストレス解消で言えば、自分の気持ちややるべきことを紙に書くという行為にはそれなりにストレス解消効果があるらしい。試しにやってみる。確かに気持ちが楽になる気がする。今回のブログもその一環で書いている。健康オタクを自称する俺としてはまた新たな健康知識を得てうれしい。

という訳でブログは思いつき次第極力書いていくことにする。

植竹

フレンチ

先日、ランチでフランス料理を食べた。

まあまあ良いお値段(奢ってもらったのだがしれっとフグ料理を頼んでやった)なのもあってかなりうまかった。たぶんサプリメントとかではとれないなんかの酵素とか栄養素とかをたっぷり摂取することができただろう。昼からワインも飲みまくって最高だった。

 

植竹

只今21時12分

うーんなんとか間を空けずに書くことができた

歯医者で心がやられているヲバナです(完全に無痛だったけど怖いのとても)

 

編集作業進めているんだけど難航しております

空気感のバランスとかさ、曲としてのまとまりを考えながら織るんだけど、今回すごい難しい

これどうなるんだろうな、とりあえず一度完成させてバラすことになりそうな気もする

リテイクする必要はないくらいに材料はあるけど、なんか、しっくりこない

 

しっくりくるまで膨らませますイメージ

 

今月中に一曲は公開したいんだけどな、どうなるかな

できたら三ヶ月連続公開になるかも

 

そう、つまり3曲あるのだ 既に撮った分の材料は

私次第なのでとても頑張ります

 

でももう少し材料欲しいからどこか一人で出掛けようかな〜

 

ドローンも買ったしアクションカメラもあるし撮影楽しいぜよぜよ

撮影終了

今回は撮影時間が5時間って縛りがあったんで(割とタイト)自分の中で撮りたいシーンを予め決めておきつつ、な感じでした。

編集する時性格上一気にやっちゃうんですけど、気になるシーンがあると停滞。

あそこにアレ置いてたの気付いてたのになんでよけなかったかなーとか。

あの方向からも撮っておけばなーとか。

 

まあ観て下さる方からしたら些細なことでしょうからキニシナイ。でいたい。

 

でも良い材料撮れたかなとは思います、初期(アプカとか)に比べたらだいぶ慣れが。

撮り慣れもありますけど、メンバーの撮られ慣れに成長を感じますよね。

メンバーってかQちゃんね。カタオカさんとウエタケさんはずっとこんな空気感。

アプカのQちゃんと最近のQちゃんをぜひ比較して欲しいですよ。堂々としていて素晴らしい。

 

さておき毎日blog書こうかなと思って今日もカタカタ打っているものの果たして続くのだろうか。

文章書くことから離れ過ぎててなんか違和感すごい。

推敲しまくる癖があったんですけどなんかもうキリがないから書きっぱなしのまま送信してます。

(文章ってほど文章でもないやんけって感じなんですけど思った以上になんか書けなくなってる)

 

できる限りメンバーにバトンタッチしよう。

ということでこれから撮影です

MV撮影楽しいんですよね、自分が想像していたものを最終的には遥か凌駕することが良くあるので。

ありがちながらクリエイティブの喜びってそこにあると私は感じています。

 

というか実は割と編集作業も溜まってまして、近々何本かMV公開できる予定です。

今月中に一本いけるかなあ、どうかなあ。

 

とりあえず今日良い材料が撮れれば良いのですけど。

今回はドローンとGo pro(的な)カメラも使用してちょっとテクニカルにいきたいところ。

実験的過ぎて本当にまだ色々わかりませんが頑張ります。

 

レコーディングも撮影もなにもかもほぼメンバーだけでやるのが拘りみたいになっちゃってますが、やっぱり監督とか別の人入れたほうがいいのかなー、でも折角自分たちでやれているしね。

とりあえず行ってきまーす